口臭があって歯科に行き虫歯の治療をしても口臭が無くならない場合は歯槽膿漏、舌苔などが原因かもしれません。

口臭は病気のバロメーター 歯科や内科で原因を探ろう
モルダバイト - 12/30の誕生石
口臭は病気のバロメーター 歯科や内科で原因を探ろう

口臭があって歯科に行き歯の治療をしても無くならないことがある

口臭があって虫歯が原因かなと思って歯科に行き、虫歯の治療をしても口臭が無くならないことがあります。
口臭の原因は虫歯以外にも歯石、歯槽膿漏などの口の中の病気が原因のことがあるからです。
歯槽膿漏は中高年になるとかかる率が高いのですが正しい歯の磨き方の指導を受け実践すると進行は遅くなります。
かなり進んでしまっている時にはレーザーで治療する方法もあります。
また、舌の汚れ、舌苔が原因のこともあります。
舌の表面はヒダの集合体でその中に舌苔が溜まっていき口臭の原因になることがあるのです。

虫歯の治療をして、歯石も取ってもらい、舌苔も舌専用のブラシで磨いてもまだ口臭が残る場合には体の中からの臭いの可能性があります。
食物を良く噛んで食べると唾液がたくさん出てきます。
唾液には臭いを薄くする効能がありますので口臭の予防になります。
するめなど良く噛まないと食べられないものを食べるといいようです。
せんべいのように粒子が大きいものは食べかすが歯と歯ぐきの間などに残りやすくこれが口の中に長く残ると口臭の原因になります。
食後は歯を磨き、糸ようじなどで歯と歯の間を掃除するといいようです。
問題はにんにくなどを食べた時の体の中からの臭いです。

にんにくの臭いを消すのには牛乳を飲むと良いのですが、ローズサプリのような飲むフレグランスといわれるサプリを飲み体内からの臭いと口臭を抑えるのも一つの解決策です。
パセリなどには口臭を予防する成分が入っています。
残さないで食べるようにしたいものです。

お役立ち情報

Copyright 2017 口臭は病気のバロメーター 歯科や内科で原因を探ろう All Rights Reserved.